渡辺 樹庵

JUAN WATANABE
渡辺 樹庵
プロフィール
1975年 東京生まれ
明治学院大学 経済学部 卒業
ラーメンコンサルタント
有限会社 渡なべスタイル 代表
今までに食べたラーメン店は8,000軒以上という、生粋のラーメンフリーク。高田馬場「渡なべ」、神保町「神保町 可以」、池袋「六坊担担面」、池袋「ナベラボ 池袋」の4店舗を経営する他、池袋「瞠」、横浜下永谷「麺匠 るい斗」、横浜下永谷「niるい斗」、富山県富山市「つけめん えびすこ」、台湾「九州豚骨炎庵拉麺」などプロデュースも多数掛ける。
開業に至るまでの主な経歴
1975年(0歳)
東京都生まれ

1981年 5月(6歳)
幼稚園年長から親の仕事の関係で、マレーシアのクアラルンプールへ渡る。

1985年 8月(10歳)
小学校四年で帰国。

1991年 4月(16歳)
成蹊高校入学

1991年(16歳)
高校一年、雑誌(東京ウォーカー)のラーメン特集を見て食べに行った、渋谷「げんこつ屋」に衝撃を受ける。「こんなに美味しいラーメンがあるのか!」と感激。ラーメンに興味を持ち、食べ歩きを始める。

1992年(17歳)
高校二年、ラーメンを食べ歩いていたら自分でも作ってみたくなり、自宅でラーメンを作り始める。作る際に影響を受けたのは、永福町「大勝軒」。

1994年 3月(18歳)
成蹊高校卒業

1996年 4月(20歳)
明治学院大学経済学部入学

1996年(21歳)
大学一年、バーテンダーのアルバイトを始める。

1997年(22歳)
大学二年、ようやく自分で納得のいくラーメンが作れるようになり、ラーメン店開業を意識し始める。

1999年(24歳)
大学四年、たまたま食べに行った、東海大学前「旭川ラーメン 松楽」店主・松田澄夫氏と仲良くなり、同店のプロデュースを依頼される。

2000年 3月(24歳)
明治学院大学経済学部卒業

2000年 4月~2001年 春(24歳~25歳)
大学生時代からのバーテンダーのアルバイトを続けながら、食べ歩きと自宅でのラーメン試作を繰り返す。 この頃までに食べ歩いたラーメン店は、全国2,000軒以上になる。

2001年(25歳)
同世代のラーメン屋「すっごいよ」(現「あびすけ」)店主の高橋知紀氏と知り合い、大きく刺激を受け、ラーメン店開業を決意する。

2001年 7月(25歳)
「旭川ラーメン 松楽」をリニューアルし、伊勢原「麺や 楽」プロデュース。

2002年 4月(26歳)
越谷「ラーメン横綱」プロデュース。

2002年 4月(26歳)
高田馬場に自身のお店「渡なべ」プロデュース&開店。